消費者金融と信販会社との違い

消費者金融も信販会社も貸金業者となります。しかし主に行っている業務の違いから、消費者金融と信販会社に分かれているのです。


<信販会社とは>

信販会社は物品を買うための代金を割賦で払うシステムによって伸びた業界です。たとえば車を買うのに信販会社を利用した場合、車の代金は信販会社から車の販売会社に支払われますが、購入者は分割で月々信販会社に一定の利息をのせて支払ってゆきます。クレジットカードも然りで、カードが使える店舗であればキャッシュレスでモノが買えます。このように「物」が基本となっていのが信販会社です。


<消費者金融とは>

一方消費者金融は、あくまでも「お金」を貸す業務です。そのお金でモノを買ったり遊興したり、利用者は思い思いの使い道を行いますが、その使い道に対して関与しません。信販系も消費さ金融並みの金利でキャッシングを提供していますが、消費者金融は割賦販売には参入していません。だんだんと住み分けがはっきりしていない時代の中で、「割賦販売には参入していない」ということだけがはっきりしています。ただし信販会社との提携によってキャッシングが充実しているクレジットカードは登場しています。海外でも使えるなどの利点もあり、キャッシングを中心にクレジットカードの用途を考えている人には大変便利です。

This entry was posted in 消費者金融. Bookmark the permalink.

Comments are closed.