消費者金融、信販会社、銀行のうち、どこで借りる?

お金を借りようと思ったとき、最初に考えつくのは消費者金融、いわゆるサラ金だと思いまが、他にも借りられるところはいくつかあります。それぞれの特徴や違いを知ってかしこく借入先を選びましょう。


<消費者金融、信販会社、銀行の違いって?>

お金を借りられるところは、大きく分けて、消費者金融(サラ金)、信販会社、銀行の3つに分けられます。サラ金と信販会社は貸金業法という法律に基づいて免許を受けているのに対し、銀行は銀行法に基づいています。信用情報機関もそれぞれ違っています。年収の3分の1までしか借りられないという総量規制は貸金業者を対象としているので、銀行にはこのような規制はありません。これは重要なポイントです。


<金利と審査の厳しさの違いは?>

借りるときに気になるのは、やはり金利でしょう。金利は、銀行が一番低く、サラ金が一番高くなります。金利が安い銀行で借りたくなりますが、審査は、サラ金が一番通りやすく、信販会社、銀行の順で厳しくなります。金利が低いと審査は厳しく、金利が高いと審査は通りやすいのです。正社員で借りるのは初めてならどこを選んでもまず大丈夫ですが、収入が低いなど審査に不安がある場合はサラ金や信販会社の方が柔軟に対応してもらえます。収入がない場合は貸金業者では借りられないので、総量規制の対象外の銀行を選ぶとよいでしょう。

This entry was posted in 消費者金融. Bookmark the permalink.

Comments are closed.